あの日から…1年

0

    おはようございます。
    ハロー!パソコン教室イオン高崎校 インストラクターの佐藤です。


    ご存じの通り、昨日3月11日は、あの東日本大震災からちょうど1年目にあたる日でした。
    震災から1年の区切りで、マスコミ各社で様々な特集を組んでおりましたが、特に心に残った記事を1つ。


    震災直後に、動画投稿サイト「ユーストリーム」で配信されていたNHKの番組。あのきっかけを作ったのは1人の中学生の少年だったことを、先日おそまきながら知りました。
    NHKの臨時放送で流れる大津波警報の画面を、「これをユーストリームにのせれば、(停電地域でも、携帯やスマホがあればこれを見ることができ)助かる命があるのでは」と考え、迷った末に震災から17分後にiPhoneから投稿したそうです。
    ツイッターなどで、またたくまにその情報は拡散されました。

    本来、テレビ番組の無断投稿は著作権の観点から違法行為です。
    しかし、少年の思いは多くの人を動かしました。
    ユーストリーム社の社長は、NHKから削除要請がなければこのまま行こうと判断、事の成り行きをみていたNHKのツイッター公式アカウント「NHK−PR」(管理は一広報局職員さん)も「私の独断なので、あとは責任をとります」とつぶやきました。

    その後、NHK側からユー社にこの投稿について正式に許可を出し、さらには番組配信そのものも許可したのでした。


    未曾有の大災害で混乱を極める中、インターネットとテレビの融合が実現したおかげで、人々はかつてない「不安」を共有しあい、情報も得ることができたのです。



    (ユーストリームで、NHKのチャンネル自体は現在も残っています。通常ではやはり配信はできない旨が記載されていましたが、このような融合は、有事の際は柔軟性をもってやれるといいなぁ、と佐藤は思っています)



    あの後、ツイッターやフェイスブックといったSNSに興味を示される方が増えたように思います。
    ハロー!パソコン教室では、この1年の間にツイッター、ブログ講座をリニューアル、イオン高崎校においても何人もの生徒さまが受講されています。
    今でも、ツイッターで震災関連の情報が日々発信され、You Tubeではあの大津波が人々の生活のすべてをのみこんでいく、すさまじい映像がUPされています。


    最近、 「災後」という言葉を耳にしました。
    第二次世界大戦の終結からの時代を「戦後」とよびますが、その戦争に匹敵する程の出来事が起こり、その後の時代を区分するべき、という意見が有識者からあがり、この言葉ができたそうです。


    「災後」は、まだ始まったばかり。
    私たち1人1人が、小さくても引き続きできることを模索しながら、この「災後」を乗り越えて行けますように…


    それではまた。



    ハロー!パソコン教室
    イオンモール高崎校
    〒370-3521
    群馬県高崎市棟高町1400
     イオンモール高崎2F
      027-372-7386



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

                         

    教室情報

    bnr_left_campaign_b.jpg

    ハロー!パソコン教室
    イオンモール高崎校

    〒370-3521 群馬県高崎市棟高町1400イオンモール高崎店 2F

    お問合せ(お電話)
    027‐372‐7386


    ハロー!パソコン教室イオンモール高崎校無料体験レッスンのお申し込みは
こちらから

    
教室MAP

    MOS試験会場校

    中小企業の皆様へ 

助成金の活用
    中小企業緊 急雇用安定助成金制度導入教室です

    雇用保険に加入している方へ 

教育訓練給付金制度
    教育 給付金制度対応教室です

               

    スタッフ紹介!


    よろしくお願い致します♪
               

    お近くのハロー!パソコン教室

    最近の記事

    カテゴリー

    コメント

             

    アーカイブ

            

    その他のリンク

    サイト内検索

    その他

    携帯用QRコード

    qrcode